前沢幼稚園について

2歳児からの子どもたちが集う

思いやりあふれる教育の広場

 前沢幼稚園は昭和41年に私立幼稚園として開園し、平成19年には市内・第1号の認定こども園(東久留米こども園)として再スタートしました。『2才からの子どもたちが集う思いやりあふれる教育のひろば』を園のテーマとして、未就園児クラス(2歳児)・満3歳児~5歳児クラスがあります。また、就労等で長時間の保育を必要とするご家庭の皆さまが利用しやすいよう、11時間の長時間保育を行っています。

 保育では『今が大切』を意識し、日々の中に感動場面づくりができるよう心がけ、教育目標の達成に努めています。また、施設全体を含めた十分な保育環境の整備も、充実した保育のための大切な役割を担っています。「幼稚園選びは先生選び」とも言われるように、お子さんや保護者の皆さんと毎日接する先生の存在はとても重要です。より一層の質の向上に努め、安心・信頼をもってお子さん達を預けていただけるよう、これからも取り組んでまいります。

■園児数(定員)

 満3歳児…20名

 3歳児…93名

 4歳児…93名

 5歳児…93名

■クラス編成(令和3年度予定)

 満3歳児…1クラス

 3歳児…3クラス

 4歳児…3クラス

 5歳児…3クラス

​※その他、必要に応じて補助が入ります。

■各クラス職員配置数

 満3歳児…3名

 3歳児…2名

 4歳児…1名

 5歳児…1名

​園舎フォト

​認定こども園って?

​前沢幼稚園は認定こども園です。認定こども園は、就学前のお子さんを対象に、教育と保育を一体的に行う施設です。幼稚園と保育園の機能を併せ持ち、就労などのご家庭の状況に合わせて、5~11時間の保育を行っています。また、未就園のお子さんをお持ちのすべてのご家庭を対象に、地域の子育て支援(親子の集いや園庭開放など)も行います。

​認定こども園として、幅広い柔軟な保育を提供しています。

​基本保育(教育標準時間)

『あそびの中から未来の基礎づくり』として、園児像を意識の中にはっきり持ち、遊びの発展や環境づくり、友達関係に心づかい・気づかいをしながら、社会性を身につけられるよう保育を行っています。

​延長・一時預かり保育

スポット(日極)で朝や夕方の延長保育を利用することができます。専任の職員と一緒に子どもたちはのびのびと過ごしています。

「楽しかったよ」とみんな笑顔で帰っていきます。

プレスクール(2歳児)

​未就園児(入園前の2歳児)を対象に、幼稚園入園後スムーズな園生活を送れるようにするための、準備保育を行っています。お友だちも増え、幼稚園に行くのが楽しみになってきます。

​課外教室

​基本保育後に希望制(別途有料)で習うことができます。原則、年中から利用できますが、年少の途中から募集することもありますので、各クラブにお問い合せください。​

​■新体操(火曜日)

​■英語(水曜日)

​■体操(木曜日)

​■サッカー(金曜日)

 

​基本保育

​(教育標準時間)

​保育日と時間

・保育日は月~金曜日の週5日です。

・基本保育(教育標準時間)は9:00~14:00(水曜日のみ9:00~11:30)となっています。

基本保育では、各学年ごとにクラス編成され、クラス担任が保育を行っています。基本保育時間以外は合同保育となり、預かり専任の先生が保育します。日常保育から年行事まで、様々な体験を通し、共に成長していきます。

保育時間はご家庭の状況に合わせて、基本保育(5時間)から基本保育を含んだ長時間保育(8~11時間)までを選択することができます。また、選択された保育時間によって、お休みの日が変動します。

1号児(新2号児)の保育時間

・基本保育(教育標準時間)のみ利用のお子さんは1号児(新2号児)になります。日極で延長保育を利用することができます。お休みは土日・祝日・年末年始(12/29~1/3)以外に、行事の振休など園が定めた日となります。

・1号児の内、新2号児は就労や看護・出産などの要件が必要となりますが、補助金を受給しながら日極の延長保育を利用することができ、2号児と同じ保育時間と保育日が利用可能となります。

2号児の保育時間

・基本保育(教育標準時間)を含めた長時間保育を利用されるお子さんは2号児になります。利用には就労や看護・出産などの要件が必要となります。保育園と同等の保育時間と保育日を利用することができ、お休みは土日・祝日・年末年始(12/29~1/3)のみとなります。

※選ぶ保育時間と延長保育の利用回数の組み合わせによって、料金が異なります。詳細は募集要項をご覧になるか、直接園へお問い合せください。

​基本保育の流れ

登園してから降園するまでの一日の流れです。延長保育や長時間保育を利用するお子さんは基本保育の前後に合同保育のお部屋で過ごしています。生活習慣をきちんと身につけながら、一日を過ごしています。

​給食

委託業者によるお弁当形式の給食で、希望制(月極)になります。半日保育や長期休業時に、長時間保育や預かり保育を利用される方でも、給食を利用することができます。

条件によって給食費用の内、副食費の減免があります。(居住する市によって異なります)

【食物アレルギーについて】

・卵、牛乳など除去・代替食にて対応しています。

(小麦など対応できない場合がありますので、園にご相談ください)

・医師の診断書が必要になります。

​通園バス

​希望制で、巡回コースは毎年希望者の住所に合わせて園が決めます。マイクロバス2台、ミニバス1台で回っています。徒歩や自転車での登園が難しい場合はご利用ください。

※自家用車での登降園は原則できません。長時間保育を利用する方や延長保育利用の方については、自家用車での送迎は可能です。

 

延長保育

​一時預かり保育

​延長保育・一時預かり保育のようす

各家庭のご予定に合わせて、1号児(新2号児)のお子さんは、日極で預かり保育を利用することができます。また、長期休業時でも利用することができます。

学年別のクラスとは違い、合同保育で異年齢との交流の中で楽しく遊びながら、工夫し、学ぶ預かり保育を行っています。制作や絵本の読み聞かせ、おやつの時間など、専任の先生と楽しい時間を過ごしています。

にこにこクラブ(1号児・新2号児)

​『にこにこクラブ』は1号児(新2号児)のお子さんの一時預かり保育です。日極で利用することができます。1号児のうち、新1号児のお子さんは利用の条件はありません。新2号児のお子さんは2号児と同じ要件(就労や看護、出産など)が必要です。(例:就労要件では勤務時間が月48時間以上必要です)

■1号児(新1号児)

*朝の延長・・・・8:00~9:00

*午後の延長・・・14:00(11:30)~17:00

*夕方の延長・・・17:00~18:00

※土日祝日、年末年始、園の定める日以外は実施します。

※園行事で実施しない日があります。

■1号児(新2号児)

*朝の延長・・・・7:30~9:00

*午後の延長・・・14:00(11:30)~17:00

*夕方の延長・・・17:00~18:30

※土日祝日、年末年始以外は実施します。(2号児と同じ)

※2号児と同じ保育要件(就労・看護・出産など)が必要です。

​きりんクラブ・らっこクラブ(2号児)

​『きりんクラブ』は2号児で保育標準時間(11時間)を利用するお子さん、『らっこクラブ』は保育短時間(8時間)を利用するお子さんです。

​長時間保育を利用する場合、就労や看護、出産などの保育要件が必要となります。(例:就労要件では保育標準時間(11時間)は勤務時間が月120時間以上、保育短時間(8時間)は勤務時間が月48時間以上必要です)

『らっこクラブ』を利用しているお子さんは、延長保育を利用することにより、11時間保育が可能です。

© 2020 All rights reserved by KOGANEI GAKUEN